泌尿器科

包茎手術にはどれぐらいの費用がかかってしまうでしょうか。やはり病院などによって費用が大きく変わってくるところもありますので、料金の相場というものは把握しておいて損はないのでしょうか。仮性包茎とは違う、真性包茎やカントン包茎の手術は、保険治療を取り扱っている泌尿器科で、3割負担で手術を受けることができます。

3割負担といいますと、自己負担が約1万円~3万円程度といったところでしょうか。他にアフターケアで、薬代、治療費などが別途でかかると思って頂ければいいでしょう。値段だけみれば、包茎手術もそれほど高くないと感じます。今どきの高校生でも一日に1万円~3万円ほどを遊びに使う子もいるぐらいですから、それを考えると包茎手術も身近な存在になったと思えます。ただ、これはあくまでも泌尿器科での手術のお話です。

やはり安いかわりに泌尿器科での手術のデメリットはでてきます。泌尿器科での手術目的は、包茎を治すということにあり、手術の傷跡が目立たないなどといった、見た目の仕上がりをそれほど重要視した手術を行っていないということです。あくまでも、包茎という病気を治すというところに重点を置いているので、保険というものが適用されるのではないでしょうか。縫合したところが少なからずケロイド状態になってしまったりするといったケースも稀にあるそうです。病気もそうですが、見た目も気にしたいという方は、多少費用が嵩みますが美容外科系の病院での手術をオススメします。

☆注目サイト
包茎、特に真性包茎やカントン包茎で悩んでいる方向けの包茎治療専門美容外科クリニックのサイトです ⇒ 包茎